«  2018年2月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
2018年2月21日

こんにちは(^ ^)!

最近、人と会う度に雪の話題が挨拶代わりとなりました ww

このブログも書くたびに雪のコメントを書いているような気がします(;^ω^)

しかし、やはり今年の冬は大変でした!!

記憶をたどると、私が横手に戻った61年の1月の大雪の時と同じくらいの大雪なような
気がします。

早く春が来て欲しいものです。


さて今回は趣味の音楽の話題です。

先月、当院の患者様がライブハウスを開店し、そのこけら落としとして青森県むつ市在住の「シノン」さんのライブを聴きに行って来ました(*☻-☻*)


IMG_3131.jpg

オーナーさんから、こけら落としのライブについて相談を受けていましたが、私の音楽仲間を通じ念願でもあったシノンさんに歌っていただく事になりました。

シノンさんは、時々来県されておりますが横手には2011年東日本大震災の11月に大間ジローさん、桜田マコトさんのユニットで駅前のシャイニーパレスでチャリティコンサートを行いました。


兎に角、上手い!!

思わず歌に魅了されてしまいます!!

場内には、涙する方もいらっしゃいました。


IMG_3134.jpg


今回のライブで再確認した事は、それだけビッグ・ミュージシャンであるということでした(^^♪

まだまだ寒い日が続きます。

インフルエンザに気をつけて春を迎えましょう!

それではまた (@^^)/~~~

2018年1月28日

こんにちは!

今年、初ブログです('◇')ゞ

さて今年の冬は、異例な寒さと大雪で参ってしまいましたね!

当院の融雪は地面にパイプを埋設した中を地下水が循環して行っていますが
市役所側の融雪がこの寒さで凍結してしまい作動しなくなりました。

IMG_3113.JPG

毎朝雪かきに追われる日々が続いています。゚(゚´Д`゚)゚。

特に、先週は5時から除雪した個所をまた30分後に同じところを除雪しなければならない程で。。(-_-;)

この寒い原因を調べたら、「ラ.ニーニャ現象」だそうです。


あまり寒さが続くと、災害や事故などに遭遇する事が多くなります。

雪害、交通事故、インフルエンザや風邪、ヒートショック、脳卒中、あと火災など様々
ですね。

では歯科に関する事例は何と言っても噛みしめや歯ぎしりから来る不調です!

特に先週は、その噛み合わせから不調を訴える方が、多数いらっしゃいました。

それにより、歯が浮いて噛み合わせると痛い、歯ぐきが腫れたり、歯の破折、顎が痛くて口が開かない...etc。

就寝中には、出来るだけ部屋を暖かくして、マスクをつけてるのも一つの手段かも知れませんね!

ただ、呼吸確保の為に鼻を覆わないようよう呼吸だけは確保して下さい ww

ではまた (@^^)/~~~

2017年12月29日


こんにちは(^^)

今年も残すところあと3日となりましたね。

当院の診療も今日が最後となりました。

光陰矢の如しと言いますが、本当に一年が経つのは早いものです!

数年続いた暖冬に慣れてしまい、今年の冬の寒さは身に染みるように感じます(>_<)

雪も相変わらずで、このところ医院駐車場の雪かきで5時半起きが日課となってしまいました😓


そんな寒い日が続くと多いのが、噛み締めや歯ぎしりです。

寒いと顎の筋肉が硬くなりやすく、その結果、被せた物が取れたり壊れたり。場合によっては根の部分が破折し腫れたりする場合があり、程度が悪化すると関節が痛くなり顎関節症という厄介な状態になる場合があります!

やはり部屋は暖かくして就寝する事です(^-^;


さて、今年も自分を含めスタッフ達のスキルアップのために、様々な学会や講習会に出席して参りました。それが日常の診療に活かされているか?又、患者様に新たなプレゼンが出来ているか?

このお正月休みにじっくり考えてみたいと思います。そして来年も皆さまにより良い治療を提供させていただけるよう、邁進して行きたいと思います。


また今年も横手近郊を始めとして遠方からもお越しいただいた患者様には、心から御礼申し上げます。

何卒、来年も当院を宜しくお願い致します。

良いお年をお迎えください🎍

院長 星野 守

2017年11月20日

みなさん、こんにちは!(^^)!
久しぶりのブログとなりました!!

今日の明け方から降った雪は、ある程度天気予報で予測できていたと言えども、今年度初の雪にみなさんも驚いた事と思います。

これから約4か月近く続く雪を思うとゆーうつになりますね😅
でも何とかこの冬を乗りきり春を迎えましょう!

さて11日から開催された東京デンタルショーへ行ってきました。


IMG_2863.jpg

今回は久しぶりに息子たちも同行!!


IMG_2870.JPG


私が行ったのは日曜日でしたが、何となく例年より来場者数が少なかったような気がしました。

今回のデンタルショーは、あまり興味深いイベントも機器もなく(個人的な見解ですが)目に留まったのが・・・コレ!!

IMG_2869.JPG

何となくスターウオーズに出てきそうなマスク!

イタリア製の防塵・防護マスクだそうです(;^ω^)

だいぶ寒くなってきましたが、歯ぎしりやかみしめに気をつけてお過ごしください。

ではまた (@^^)/~~~

2017年8月30日

こんにちは!
8月も残すところあと1日となりますが、皆さんはこの夏、どのようにお過ごしでしたか?
今月はいろいろな事やイベントがありました。
楽しいイベントもありましたが、先日の横手市アパート火災、とても残念でなりません。
お亡くなりになられた方々、そして被災された方々には心からお悔やみを申し上げます。

週明け、その火災で被災されたOさんが来院されました。
その時の状況を切実にお話ししてくれましたが、火災発生時はとにかく避難するのに必死で着の身着のままで難を逃れられたそうです。そのため通帳や印鑑、そして毎日の食生活に欠かせない義歯までもが焼けてしまい、とても不便との事で現在早急に新しい義歯を作製中です。本当に残念な出来事でした。

さて今年の大曲の花火大会は、何度か大雨に見舞われましたが、大会関係者の方々の並々ならぬご尽力により、前日の大雨を払拭させるようなとてもスッキリとした青空となり、恐らく私が今まで見た大曲の花火の中では一番だったように思えました(^^)


IMG_2473.JPG

初めての昼花火です!

IMG_2486.JPG

色彩豊かな花火に感動です!


IMG_2489.JPG

いよいよ花火もCLIMAX!!

この写真は全てスマホで撮影しましたが、昔の携帯とは違いかなり画質が良くなりましたね(°0°)

ではまた、(@^^)/~~~


2017年7月24日

こんにちは。
全国ニュースで既知の通り、秋田県内では停滞する前線の影響で22日土曜日から記録的な大雨に見舞われました。
それにより、雄物川上流である大仙市や秋田市等では河川の増水や氾濫が発生しましたが、皆さんの住んでいる地域は大丈夫だったでしょうか?
既に浸水等の被害に遭われ方々には、心からお見舞い申し上げます。

そんな中、今日の読売朝刊を見ていましたら、ある記事が目に留まりました。
何と当院の患者さんであるTさんの記事でした!

そのTさんですが、以前このブログにも登場している方で、秘密のケンミンSHOWの秋田版に二度ほど登場された方です。

その記事によりますと、22日にかほ市のイベントの帰りに、車が水没し間一髪で脱出して難を逃れたとの事です。
由利本荘市から105号を通った時に芋川が氾濫し、道路に水が溢れてエンジンが止まり、水圧でドアが開かず窓から脱出したそうです。
その水没し始めた時に運転席でパニックになっていた時、聞こえてきたのが亡くなったご両親の声が聞こえ、「早く逃げろ」 「財布なんかいらない。命が大事だ」。

そして胸の高さまで上がった濁流を100mほど泳いだりかき分けたりして避難所だった下川大内出張所で一晩過ごしたそうです。

助手席には、昨年秋に亡くなった母の点滴液を入れていたクーラーBOXをお守り代わりに置いてあり、翌日車に戻りクーラーBOXを開けると、メロンと桃が残っていたので食べたそうです。その味はとても甘く感じられ、ご両親のお陰で命拾いされたTさん。
空に向かってそっと両手を合わせたとの事でした。

とてもミステリアスな話ですが、とにかく無事だった事が一番ですね(^^)

そしてもし自分だったらどうだったんだろう?と改めて自然の恐ろしさを考えさせられた出来事でした。

まだ東北地方は梅雨明けはしておらず、今後も大雨には呉々もお気を付けてお過ごしください。
(※一部読売新聞の記事を引用)

IMG_2334.JPG

7月23日午後3時半 大仙市神宮寺岳見橋にて


IMG_2333.JPG

    小屋が水没しておりました


 

2017年6月22日

皆さんこんにちは(^^)

日曜日に当院の患者さんのCHIHOさんが駅前のホテルでライブを行いました。
CHIHOさんは本荘を拠点としているBRONZの元メンバーで、現在は東京で活躍中の
SAXミュージシャンです!


FullSizeRender (1).jpg

7月にも当院で応援している、桜田マコトさんのライブがありますので楽しみです(^^)
もしご興味がある方は、是非お声をお掛け下さいね♪

さて先日、厚労省が発表しましたが、20歳以上8割の成人の方が何らかの歯周病に罹っているという記事を目にしました。
以前は、歯周病についてのごに説明時に30歳以上が歯周病に罹患しているとお話ししておりましたが、今後20歳以上と変更しなければならず、20代の方に説明するのはとても心苦しいところがあります(^^;)
でも、これは事実ですから、この事はキチンと説明しなければいけませんね(^^;)

最近、また時期的なものもあるようで、来院される多くの患者さんに歯痛を主訴とする
方が多くなって来ております。
診断すると、やはりブラキシズム(歯ぎしり・噛みしめ)が多いようです。
ブラキシズムの原因の多くはストレスの由来から来ますが、この時期は天候や気圧の
変動によるものもあるようです。
普段からストレスを発散させるような趣味や近場での旅行等をされては如何でしょうか。

秋田県もいよいよ梅雨の時期に入りました。
体調管理には十分気をつけてお過ごし下さい(^^)

ではまた(@^^)/~~~

2017年4月16日

皆さんこんにちは(^^)
ブログも中々書けず、ご無沙汰となってしまいました(;.;)

この季節の変わり目ですが、最近来院される患者様で体調崩されている方も少なくありませんが、皆さんは如何お過ごしでしょうか?

さて先日新たなレーザーが当院の仲間入りをし、ちょうど上唇小帯異常のお子さんの症例がありましたのでその様子をご報告します。

よく1歳半や3歳児検診の時、就学前検診、またかかりつけの歯医者さんへお子さんを連れて行くと、上唇小帯異常と言われたことがないでしょうか?

その上唇小帯異常とは、前歯の中央にある縦のスジの事で年齢が低いとそのスジが太くその後高学年につれて徐々に細く短くなり、やがて目立たなくなっていきます。
しかし、年齢が高くなってもそのまま残る場合には上の前歯に隙間が出来たり
そこにカスがたまりやすくなり細菌が付きやすくなって、歯茎が腫れたりする等の場合があるのです。
また低年齢のお子さんは上唇小帯がや柔らかいために、歯ブラシが当たると痛がり、仕上げ磨きを嫌がってしまいます。

当院では、そのような症例を持つお子さんの切除は、永久歯前歯が生えて来た頃もしくは明らかに上唇小帯により永久歯の萌出を邪魔する時期にも切除します。(もちろんご希望される方のみです)

また切除ですが、当院ではレーザーで施術し、所要時間は切除のみでしたら1、2分で終わります。

切除する時期ですが個人差もありますので、もし気になるようでしたら来院しご相談ください。

下記にお子さんの保護者の方のご協力により、症例写真を載せてありますのでご参考ください。

小帯切除前.jpg

          上唇小帯切除前


上唇小帯切除直後.jpg

          上唇小帯切除直後


切除2週間後.JPG


         上唇小帯切除2週間後

2017年2月17日

こんにちは。星野です(^^)

横手の雪祭りも今日が最終日となりましたね。

昨夜は久しぶりにかまくらを見て来ました!

かまくら4.jpg


市役所前の市民広場では、とても近代的なイベントが催されておりました。

かまくら2.jpg

3Dプロジェクションマッピングが、広場の建物の壁に立体的に映し出すという、最新技術と伝統行事がコラボした画期的なイベントでした。

昔のかまくら祭りではとても考えつかない催しものですね。


さて14日はバレンタインデー。

皆さんはいっぱいチョコを頂きましたか?

バレンタインデーと言えば、昔は女性から男性にあげるイベントでしたが、最近どうやらそのルールに関係なく、自分へのチョコを買ったり男性から女性へあげたり・・(^^;)
いずれにせよ、食べ過ぎにご注意ですねww

さてその14日の朝、ご覧になった方もおられると思いますがテレビ朝日で歯周病予防と最新治療についての番組が紹介されました。

その番組の中で、チョコレートに含まれる「カカオポリフェノール」が歯周病菌を殺菌する働きがある事や、成人の8割が歯周病に罹患していること、その中でも20代が7割以上で60代以上の9割以上が歯周病の疑いがある事を放送してくれました。

私が以前から成人の7割が歯周病に罹患しているという説明も覆されてしまいました。

その割合が高くなった事は、とても重大な事と受け止めなければいけませんね(^^;)

また、歯周病により失った歯槽骨(歯の骨)を再生する「世界初!歯周病治療薬 リグロス」についても放送されました。

失った歯槽骨の4~5割が回復し、副作用も確認されていないとの事。治療時間は1時間~1時間半で治療費は約2万円(保険適応で3割負担)

但し治療可能な医療機関は、全国の歯学部付属病院など29ヶ所で行く行くは個人病院での治療も可能となるようです。

当院で治療可能になるのも、近い将来になると思います。
そして歯周病でお悩みの患者さんにお役に立てるようになりたいと思っております(*^_^*)

ではまた (@^^)/~~~

2017年1月27日

こんにちは(^^) 院長の星野です。

早いもので1月も過ぎようとしておりますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

今週に入り、インフルエンザが猛威を振るい小中学校の学年閉鎖の便りが聞こえて来ました。
インフルエンザ2.jpg


我々も医療という仕事上、感染予防に努めて対応しておりますが、来院される患者さんの中に万一、熱や咳などの症状があり不安な方は事前に電話をいただけたら幸いと思います。


先日、NHKのテレビでご覧になった方もいらっしゃるかと思いますが、あさイチという番組で「口内炎」について放送されました。当院でも口内炎が主訴で来院される方も少なくありません。

最初、耳鼻科へ行ったら良いのか、口腔外科へ行ったら良いのかわからない患者さんもいらっしゃるようですが、もちろん歯科一般でも診察可能ですので、是非お気軽にお問合せください。

しかし口内炎はあまり軽視出来ない疾患です。
患者さんの中には、口内炎と思っていた症状が実は前癌病変だったという症例も過去にありました。

口内炎.jpg

では口内炎の原因をいくつかあげてみましょう。

まず、機械的な刺激によって出来るものがあります。ブラキシズム(噛みしめ、歯ぎしり)などで自分の歯がすり減り尖ってしまったり、矯正器具や不適合な義歯(入れ歯)などで繰り返しほっぺや舌を噛んでしまったりするケース。

次に唾液の減少によるもの。
お口の中は、常に唾液によって潤っている状態がベターですがある時期から唾液の量が極端に減る口腔乾燥症に罹るケース。

あとは自身の免疫力の低下やB2の不足などがあげられます。

では治療方法について簡単に。

まず一番行われるのが、うがいをしたり軟膏を患部に塗ったり。
またサプリ等の補給(チョコラBBやハイチオールC・・etc)、ガムを噛んだり、あ・い・う・べ体操をする等があります。
しかし上記の方法は、古くから行われてきた対処の仕方です。

では当院での治療方法は?
と申しますと、大半はレーザー照射治療によりスピーディに改善させます。
また何度も口内炎が出来る方には、漢方の処方などあの口内炎の煩わしさから少しでも早く取り除く方法を取り入れております。

もし慢性的に口内炎でお悩みの方は、ぜひご相談ください。

ではまた (@^^)/~~~

ほしの歯科医院 院長 星野守
ほしの歯科医院
http://www.hoshino-dc.com/
院長 星野守