«  2021年2月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

« よこての雪祭り | メイン | いよいよ梅雨入り »

2017年4月16日

皆さんこんにちは(^^)
ブログも中々書けず、ご無沙汰となってしまいました(;.;)

この季節の変わり目ですが、最近来院される患者様で体調崩されている方も少なくありませんが、皆さんは如何お過ごしでしょうか?

さて先日新たなレーザーが当院の仲間入りをし、ちょうど上唇小帯異常のお子さんの症例がありましたのでその様子をご報告します。

よく1歳半や3歳児検診の時、就学前検診、またかかりつけの歯医者さんへお子さんを連れて行くと、上唇小帯異常と言われたことがないでしょうか?

その上唇小帯異常とは、前歯の中央にある縦のスジの事で年齢が低いとそのスジが太くその後高学年につれて徐々に細く短くなり、やがて目立たなくなっていきます。
しかし、年齢が高くなってもそのまま残る場合には上の前歯に隙間が出来たり
そこにカスがたまりやすくなり細菌が付きやすくなって、歯茎が腫れたりする等の場合があるのです。
また低年齢のお子さんは上唇小帯がや柔らかいために、歯ブラシが当たると痛がり、仕上げ磨きを嫌がってしまいます。

当院では、そのような症例を持つお子さんの切除は、永久歯前歯が生えて来た頃もしくは明らかに上唇小帯により永久歯の萌出を邪魔する時期にも切除します。(もちろんご希望される方のみです)

また切除ですが、当院ではレーザーで施術し、所要時間は切除のみでしたら1、2分で終わります。

切除する時期ですが個人差もありますので、もし気になるようでしたら来院しご相談ください。

下記にお子さんの保護者の方のご協力により、症例写真を載せてありますのでご参考ください。

小帯切除前.jpg

          上唇小帯切除前


上唇小帯切除直後.jpg

          上唇小帯切除直後


切除2週間後.JPG


         上唇小帯切除2週間後

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.hoshino-dc.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/585

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

ほしの歯科医院 院長 星野守
ほしの歯科医院
http://www.hoshino-dc.com/
院長 星野守